緊急の連絡

現在、緊急の連絡はありません。
 

お知らせ

道徳授業地区公開講座のお知らせ

次の通り、令和元年度道徳授業地区公開講座を行います。
ぜひ、多くの保護者・地域の皆様にご鑑賞いただきたく、ご案内申し上げます。

日時 11月9日(土) 午前8時35分~11時30分
場所 本校 各教室及び体育館
受付 1階昇降口を入った所と体育館入り口に受付を設けますので受付を済ませてから参観願います。

1校時 道徳【各教室】8時35分~9時25分
 3組  「すず虫」
  昆虫の生態から生命の連続性に思いを馳せ、生命を尊さについて考えます。
 1年 「あなたにはすごい力で生まれてきた」
  出産という経験を通して感じた筆者の思いから、生命のかけがえのなさについて考えます。
 2年 「命を見つめて ~猿渡瞳さんの646日~」
  小6で癌が発症しながらも、前向きに生きたという実話から生きることについて考えます。
 3年 「臓器ドナー」
  臓器提供をするかしないかを考えることを通して自他の生命の尊さについて考えます。

2校時 「いのちの授業 ~がんを通して」【体育館】9時50分~11時30分
 株式会社ロハス・メディカル・ジャパンの協力を得て、医師と患者の2名をメイン講師として、「いのち」の尊さや生きることの意義を考えながら生活することを目標とした講演会です。
 生徒だけでなく多くの保護者の方々に参加していただき、「いのち」についてお子様とともに考えるきっかけになればと考えております。

多くのご来校をお待ちしております。

 

学校ブログ

Blog >> 記事詳細

2019/10/04

薬物乱用防止教室を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者305
10月4日(金)、1年生で「薬物乱用防止教室」を行いました。
当日は、東京ドリームライオンズクラブの会長でいらっしゃる杉原省吾様に薬物の恐ろしさをご指導いただきました。
杉原様のお話の中で
---
「『1回だけなら』という軽い気持ちで使ってしまうと、脳がその刺激を覚えてしまっていてやめられなくなる。
そして、親が薬物に手を出してしまうとお腹にいる赤ちゃんに影響してしまう。生まれてくる赤ちゃんには何の責任もないのに…」

---
という話が印象的でした。
先日も新聞に「若い世代の大麻汚染が深刻化しており、上半期の摘発者は過去最高となっている」という記事が載っていました。
自分には関係ないと思っている生徒も多いと思いますが、違法薬物は君たちの周り、しかもすぐ近くにあるということを忘れないようにしてください。
この授業の最後に「ダメ! ゼッタイ!」と全員で声をそろえて叫びました。
1年生らしく大きな声を出すことができました。杉原さんも「こんなに大きな声を出してくれる生徒は初めてだ」とおっしゃってくれました。

お礼の言葉では生徒代表のAくんから次のような話がありました。
---
今日は僕たちに薬物の恐ろしさを教えてくださり、ありがとうございました。
薬物を使用してしまうと脳が破壊されたり、目が見えなくなってしまうということや、まだ僕たちは人生の半分も生きていないのに残りの人生を無駄にしてしまうというのは怖いと思いました。

---

「ダメ! ゼッタイ!」忘れないでくださいね。




17:14 | 今日の出来事