学校ブログ

Blog >> 記事詳細

2019/09/06

生活習慣改善プログラムの講演会を行いました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者305
9月6日(金)、早稲田大学 先進理工学部 の柴田重信 教授をお招きして、生活習慣改善プログラムの講演会を行いました。
港区では、「すべての子供たちが生涯を通じて健やかに過ごすことができる」ことを目指して、学校で食育を行っています。
六本木中学校では、9月11日から10月10日までの期間、様々な食育の中でも、生活習慣の分野のモデル校として指定されており、朝食の内容、寝る時間や起きる時間等の生活習慣を改善することによって、心身の健康や学力向上を図る取り組みを行うことになっています。
柴田先生からは港区立小・中学校の児童・生徒の食育に関するアンケートから分かったことを踏まえて、、生活習慣の改善が、子供たちの心身の健康、体力・学力の向上に関係していることを説明していただきました。
具体的に、本校では次の3つのことに取り組みます。

1 朝食を充実させ、良質のたんぱく質をとる
2 今より30分早寝・早起きをする
3 スマホ・タブレットの使用を2時間以内とし、寝る1時間前には使用をやめる


この取組は、ご家庭の協力なしにはできません。
効果がある程度立証されているものばかりですので、1か月間しっかり取り組み、効果を実感してもらいたいと考えています。

1の取組の一環として、日本水産(株)の協力を得て、希望者に「毎朝これ 1 本 白身魚たんぱく(魚肉ソーセージ)」を朝の時間帯に学校で喫食させます。
学校で魚肉ソーセージを食べさせることに同意していただけるご家庭は、喫食同意書を提出してください。

魚肉ソーセージ喫食同意書.pdf



18:59