部活動の目的

 1 趣味や特技の活動を通してより個性の伸長を図り、豊かな学校生活を築きます。 
 2 生徒同士や教師が共通の趣味や特技の活動を通して交流を深めます。
 3 学年、学級を超えた活動を通して幅広い人間性を養います。

 

本校の部活動に対する考え方

中学生にとって部活動はとても大きな存在です。
生徒が自主的・自発的に部活動に参加し、スポーツや文化的活動に親しむことにより、学習意欲の向上や責任感、連帯感を培うことができます。
本校では、生徒と教員がともに共通の目標に向かって取り組むことを通して、これらのことを身に付けさせたいと考えています。
技術指導については、教員だけでなく、地域の方をはじめ、生徒にとって身近な存在の方々を部活動指導員としてお招きし、効果的な指導を行っています。
部活動の活動時間の多くは教員の勤務時間外に行われているのですが、先生方には「部活動指導員の方が指導していたとしても、可能な限り生徒の近くにいて生徒の活動を見守ってください」とお願いしています。
それは、教員と生徒がともに共通の目標に向かって取り組むことに意義があると考えているからです。
生徒と顧問が共通の目標を定め、その目標に向かって活動し、技術の精度を高めていくことを通して「連帯感」がはぐくまれ、「夢に向かって努力する素地」を養うことができます。
これらの経験が後に「リーダーシップ力」「チームに貢献する力」につながっていくのです。
勉強と部活動の両立を図ることを通して、短時間で「集中すること」を学ぶことができますし、自分で決めたことをやり通す「責任感」「粘り強さ」をはぐくむことができます。
部活動を通して、大きく成長してくれることを願っています。
校長 石原 嘉人
【R2】部活動に係る活動方針.pdf

 

部活動

部活動
検索検索
12










12
※ 各部とも、土曜日・日曜日は練習・練習試合・公式戦・コンクール等が入る場合があります。